よくみれば雑食

よくみれば雑食

雑食系男子が日々の出来事やお役立ち情報、気になる話題など幅広く書いてます

YouTubeの『あなたへのおすすめ』が何を基準におすすめしているのか不明な件 ~Dragon Forceを見ていたら…編~

f:id:ricaldent1990:20170617220633j:plain

 

ホントに何を思っておすすめしてくるんだろうか

 

どうも!みんなYouTube見てる!?(挨拶)

このブログを始めて間もないころにYoutubeの『あなたへのおすすめ』が何を基準におすすめしているのか不明な件 という記事を書いたのだけれど、今日も今日とて日課のYouTube関連動画めぐりをしていたところ、気付けば魔境に迷い込んでいたという世にも奇妙な体験をしたもんで、今日はその話をしましょう。

 

久しぶりにDragon ForceのMVとか見てたら

ということでみんな大好きDragon ForceのThrough The Fire And FlamesのMVを見ていたわけですよ。あー、懐かしいなーって。

 

 

あ、ところでみんなDragon Forceって知ってます?

ドラゴンフォース: DragonForce)は、イングランド出身のスピードメタルバンド

ロンドンを拠点とする多国籍バンドとして知られ、メロウ且つスピーディーなスタイルを展開している。

パワーメタル(メロディックスピードメタル)の代表的なバンドのひとつである。音楽性において特筆すべき事として、誰も到達したことのないエクストリームな音数とスピードで現代のメタルシーン随一のスピード・スターと称されている。

ブラストビートを織り交ぜたスラッシュメタルデスメタルのような速度で演奏されるドラムに、パワーメタルの特徴である叙情的なメロディを乗せるというスタイルは、これまでなかったものである。転調を繰り返しながらギアを上げて突き進むスタイルはこのバンドならではである。

 引用:ドラゴンフォース (バンド) - Wikipedia

ということで、これまたみんな大好きイケメンのハーマンが所属しているバンドでもあるDragon Forceは私が高校生のときにやたらと仲間内で流行りましてね。なんかメチャクチャかっこいい海外のバンドがいるぞと。

当時はまだメロスピがどうだとか細かいことは何も分からず、ただなんとなく演奏すげー!なんかよくわからんけどかっけー!と聴いていたわけなんだけど、Dragon Forceといえばメロスピ界では中堅どころとして名を馳せている超有名バンドなわけで。

ちなみに2010年~2014年にかけてメンバーチェンジが発生しており、今は新生Dragon Forceとして活動中。Through The Fire And Flamesは旧メンバーのころの曲で、Dragon Forceの代名詞と言ってもいい曲なんだけど、旧ボーカルのZPサートの力強い声も好きだし新ボーカルのマーク・ハドソンの透き通った声も実に魅力的。両氏の歌声はYoutubeにて確認できるので是非とも聴き比べてみてもらいたい。

 

ちなみにメロスピとは…

メロディック・スピード・メタル (Melodic Speed Metal)は、ヘヴィメタルのサブジャンルの一つ。「メロスピ」と略されることもある。

ヘヴィメタルのスタイルとしては、叙情的なメロディ、リズムセクションとリフの疾走感、ギターソロの速弾き、ハイトーンヴォーカルなどの要素を前面に押し出したものである。ドラムはツー・バスを踏み続けている場合が多い。バンドによってはキーボードやストリングスなども使用する。厳密な違いはないが、より重低音(パワー)を重視するものをメロディック・パワー・メタルと呼ぶこともある。

 引用:メロディックスピードメタル - Wikipedia

ということで親しみを込めてクサメタル(クサメロ)なんて言われたりすることもあるジャンル。

いわば王道のバトル漫画で主人公が死の淵から蘇ってメチャクチャ強くなって帰ってくるとか、展開がわかってるのに自然と泣けてきちゃったり、熱くなる展開ってあるでしょう。あれの音楽版と思ってもらえればいいんじゃないでしょうか。コッテコテのメロディーなのに終盤に進むにつれ熱くなってくる、そんな王道の曲調だからクサいメタルでクサメタルと。

またDragon Forceの作る曲はどれも長くて、Through The Fire And Flamesも公式MVは5分に縮めてあるけど、CD収録のフルバージョンは7分半と聴きごたえ抜群。そのうち3分くらいは前奏と間奏のギター速弾きという嫌でもテンションがブチ上がる構成。

こんなん朝・昼・晩、毎日聴いてたら耳と脳が蕩けるわ。当時の私はどうかしてた。ちなみにフルバージョンのほうがMVサイズより10倍くらいカッコイイから興味がある人は是非とも聴いてみていただきたい。

そんなこんなでDragon Force巡りをしていると、ふとしたタイミングでオタマトーンでThrough The Fire And Flamesを演奏している動画を発見しましてね。

 

 

よーやるわw

前奏の再現度が半端ねぇ。オタマトーンってこう見えて音程を取るのが意外と難しい楽器なんだそうで。それをいくつも重ねて録画して編集するって、かなりの労力がいるんだろうなぁ…と感心しながら見ていたら、ふと目に入ってきた『あなたへのおすすめ』という表示。

そこに出ていたのは明らかにDragon Forceとは似ても似つかない日本人のアマチュアバンドの演奏風景っぽいサムネイルだったんだけど、途中途中で別のバンドの映像なんかも見ていたんで、それとの関連で出てきたのかと思い、動画をクリックしてみると…。

 

(関連動画の)トンネルを抜けると魔境であった

まずはこれを見てもらいたい。

 

 

どういうことなの…。YouTubeさんは何を基準にして俺にこれをすすめてきたんや…。

……おっと失礼、驚愕のあまりキャラがブレてしまいました。

ちなみにこの映像は『HOTLINE』という素人オーディションの映像らしい。

HOTLINEって?

HOTLINEとは島村楽器がプロデュースする、音楽の新しい才能を発掘するためのバンドコンテストです。
ショップオーディションから、エリアファイナル、ジャパンファイナルを目指し、毎年多くのバンド、ソロアーティスト、グループなどがご参加いただいております!
年齢制限なし!プロを目指す方や、お子様から趣味で音楽を楽しんでいる大人の方までどなたでも参加OK!
目指せ!全国シマムラデビュー!!

引用:HOTLINEとは-HOTLINE2017 | 島村楽器

もう全然わかんないよ。声出して大笑いはしたけどなにをおすすめされたのかわかんないよ。

そんな怖い顔してメロスピばっか聴いてないで、たまには笑顔になれる動画もどうぞってことなの?YouTubeちゃんはよくできた子なの?

 

 

もうこうなっちゃうとHOTLINEの映像にしか目がいかなくなるよね。

伝説のバンドとか書かれてると見ざるを得ないよね。

先ほどのオリジナル曲とは違って知ってる曲だから脳内補正できるかと思ったけど、そんな次元じゃない演奏でぶったまげるよね。これは伝説ですわ。

f:id:ricaldent1990:20170617221913p:plain

 

この動画のコメント欄でこれを見つけたもんで期待しながら聴いていたら本当に4分でズコーッだったから飲んでたコーヒー吹いちゃって大変だったよね。

もうね、本当にね、おすすめしてくれてありがとう。今日もいい夢見れそうです。