よくみれば雑食

よくみれば雑食

雑食系男子が日々の出来事やお役立ち情報、気になる話題など幅広く書いてます

【下ネタ注意】禁忌の呪文を叫んだら気を失った話【本当にあったある意味怖い話】

f:id:ricaldent1990:20170416184640j:plain

 

話は遡ること十数年前。

当時、小学校低学年のカザマ少年が毎日のように通っていた通学路には廃屋のような家が建っていた。

廃屋のようなとは言うものの、そこまでひどくボロボロというわけではなく人が住んでいてもおかしくないくらいには外見は整備されていた。ただそのなかに人影を見ることはなく、昼夜問わず人の気配が感じられないということで独特の静けさをまとった少し不気味なものだった。

あとから聞けばそれは、周辺の土地を管理する地主が倉庫代わりに使っていたもので滅多に帰ってこない家だったそうなんだけれども、想像力豊かな少年少女からしてみれば怖い噂話の対象になるには十分すぎる雰囲気を持ったところだった。

そんなある日、1人の男子生徒の口からこんな噂話が飛び出てきた。

 

「あの家の前で息をすると寿命が縮むらしい」

 

なんておそろしい話だろうか。

その場所は決して人通りが少ないわけではないし、住宅街のド真ん中にそんな世にもおぞましい物件が潜んでいたことに戦慄した。そしてそんな家の前を通らせる通学路のチョイスに幼心ながら大人への不信感をつのらせていた。

そんな恐ろしい呪いがあったとは知らず、学校へ通い続けた日々のせいで自分の寿命がどれほど縮んでしまったのかという計り知れない恐怖から、これ以上寿命を縮めるわけにはいかないと決意。その日から学校の廊下で男子数人で息を止めながら早歩きをする練習を入念におこなった。

ここでポイントとなるのは『息を止めながら早歩きで過ぎ去る』ということ。

その家の敷地は庭も含めるとそれなりの広さではあるものの、子供の足でも走ってしまえばあっという間に通り過ぎることはできる。しかし、走った際の息遣いで呪いの空気を吸い込んでしまう危険性があったため、くれぐれも走ってはいけないと厳格なルールが取り決められた。

その日の帰宅時から、入念な練習の甲斐もあり息を止めながらその家の前を通り過ぎることは難なくこなせるようになっていた。

その後も登下校のたびにしっかり息を止めて早歩きしていたおかげで、数日もするとすれ違う大人たちが平然と息をしているのを見て、『あの大人はきっと寿命を吸われまくっているに違いない。この家のまえで倒れたらどうやって助けてあげようか…』と想像することができるくらいには慣れてきていた。

そんなある日のこと、いつものように登校時にその家の前を通り過ぎるときに、ふとその家の表札が目に入ってきた。

雑草やコケに覆われ、お世辞にも綺麗とはいえないそこにはしっかりと家主の名前がこう刻まれていた。

 

『ま〇こ』

 

この三文字をみてどう思うだろうか。

そう。たぶんあなたがパッと思いついたその単語で間違いない。

伏字にしなければブログの倫理観が問われるようなその単語である。

おそらくどこかの悪ガキが書いたのであろう表札の文字は実際には伏字にはなっていなかったけれど、ここではこのように表現しておきたいと思う。

しかしだ。小学校低学年の無垢な少年は当然その言葉の意味を知るわけもなく、呪いの家の主の名前だと思い込むのにそう時間はかからなかったし、初めて見るその単語はやけに強く脳裏に焼き付いてしまった。

そのことを友人に伝えたところ、瞬く間に呪いの家の主の名は広まり、恐怖の対象として『ま〇こさん』という架空の人物が誕生した。

トイレに住んでいるのは花子さんだし、テレビから出てくるのは貞子さんであるからして、〇〇子さんというネーミングは如何にもな感じがして、とてつもなく怖かったのをよく覚えている。

そんなこんなで名前が広まったことで集団効果によって恐怖度はぐんと増し、『前を通るたびにお供え物を置いて行かなければ祟りが起こる』とか『何秒以内に通り過ぎないと呪いのパワーが増して息を止めても意味がない』など、ありとあらゆる噂が出てきて、ま〇こさんはもう手が付けられないほどに強大な力を持った悪霊と化していた。

 

そんなある日、道端で拾った綺麗な石を庭先にお供えし、できる限りの早足で前を通り過ぎながら帰宅すると、ちょうど買い物帰りの母とバッタリ出くわし、「なんでそんなハァハァ言ってるの?走って帰ってきたの?」と聞かれた。

家につくまでに呪いの家のことやその呪いの回避方法などを母に話し、こういうわけだから息が上がっているんだと力説したが、どうも母は信用していないといった様子だった。

ちょうど家に着いたことだし、できれば多くの人には話したくなかったがとっておきの情報を話さなければ母は信じてくれないだろう…。そう思ったカザマ少年は母にその家主のことを話し始める。

するとどうだろうか。先ほどまで全く信用していなかった様子の母の顔がみるみるうちに強張っていくではないか。それを見て確信した。やはりこれは口にしてはいけない禁忌の呪いの言葉だったのだと。

しかしここまで知られてしまったからにはもう後には引けない。

自分の知っていることはすべて話さなければ…!母なら何か呪いの回避策を知っているかもしれない…!そう信じて話し続けるが、母は「やめなさい。大声で言うのはよしなさい。」と制止するばかり。

これはいよいよマズいことになった。母も対抗策を持ち合わせていなかったのだ。

こうなったらもう自分自身の力で跳ね除けるしか道はない。強大な陰の力にはそれを越える陽の力で打ち勝つしかない!

カザマ少年は覚悟を決め、ありったけの力を振り絞って叫んだ!

 

「ま〇こぉぉぉぉーーー!!!!」

 

次の瞬間、数秒ほど記憶が飛んで気付いたときには壁にもたれ掛かった状態で頬がひどくヒリヒリしていた。

そして母が息も荒く怒り出したのを見て、改めて呪いの言葉の恐ろしさを身をもって知ることになるカザマ少年であった。

 

この数年後に呪いの言葉の本当の意味を知ることになるが、それはまた別のお話。