よくみれば雑食

よくみれば雑食

雑食系男子が日々の出来事やお役立ち情報、気になる話題など幅広く書いてます

【レビュー】『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』はMCUファン必見の作品【微ネタバレあり】

f:id:ricaldent1990:20180508205825j:plain

引用:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー|映画|マーベル公式

 

4月27日に公開されたMCUシリーズ最新作『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』はもう見ましたか?

個人的にここのところのマーベル映画はハズレがないと感じているのだけど、今回は他のマーベル映画よりも頭一つ抜けて面白かったという印象。

前評判の段階で最終決戦にふさわしい豪華で派手な内容になっていると話題だったけれど、その期待を裏切らないヒーローたち大集合のお祭り感、サノスという強大な敵の登場で最後の最後までハラハラしっぱなしの手に汗握る展開が実に素晴らしかった。

ということで、今作についても私が見た感想をつらつらと語っていこうと思います。どうぞよろしく。

 

インフィニティシリーズの幕開け

f:id:ricaldent1990:20180508210357p:plain

 

(※微ネタバレを含むのでここから閲覧注意)

 

本作はアベンジャーズの原作コミックにおける『インフィニティシリーズ』全三部作のうちの序盤~中盤にあたる部分が物語の核になっている。原作では第二章にインフィニティ・ウォーのサブタイトルがつけられており、それをそのまま引用した形で映画化されたというだけあって、ほぼほぼ原作の流れ通りの内容となっていた。

ちなみに、もともとは『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー Part1/Part2』の前後編で公開が検討されていたが、それぞれが独立したストーリーとして語っても良いもの(むしろ前後編というくくりでは勿体ない)になっているため、続編のアベンジャーズ4(仮題)には新たに別のサブタイトルが付けられることになる。なお、続編の撮影は既に完了しており、米国で2019年5月に公開予定となっている。

と、ここまで読んだ人のほとんどが思ったことをあえて代弁しよう。そう。実はインフィニティ・ウォーでは宿敵・サノスとの決着はつかず、最終決戦は次回作に持ち越されるのだ。つまり、サノスとの戦いをすべて見届けるためには今作と次回作の両方ともに必見なのである。また、原作コミックスとは登場人物もストーリーも微妙に違いがあるため、完結の仕方も映画オリジナルになる可能性が高いとのこと。これはもう映画館に足を運ばないわけにはいかないでしょう。

と、ここまで煽っておいてアレなんですが、実はインフィニティ・ウォーを観に行く前にしておいたほうが良いことがいくつかあるのでご紹介しておこう。

まず、物語の流れ上、インフィニティ・ウォーに繋がるとされていた『マイティ・ソー ラグナロク』と『ブラックパンサー』はあらかじめ観ておくことをオススメする。

というのも、この2作品の内容をガッツリ踏まえて、かつなんの説明もなく後日談的な話がガンガン出てくるため、この2作品についての予備知識があるかどうかで本作をより楽しめるかどうかが大きく変わってくる。

もちろん、お祭り感満載の内容というだけあって過去のMCUシリーズを総復習できていると完璧なのだが、そのあたりはなんとなくの雰囲気で乗り切れる程度のものなので、すべて覚えていなくても本作を観るうえではあまり問題はない。

とにかく、前述した2作品だけでも観ておくことを強くオススメするが、そんな時間ないよ~。サクッと予習だけしたいよ~。という方は本ブログでもレビューを書いているのでそちらをどうぞ。(巧妙な宣伝)

 

 

インフィニティ・ウォーはサノスの物語である

f:id:ricaldent1990:20180508210426j:plain

 

まず、本作の話の中核は、インフィニティストーンの存在とそれを取り巻く環境にある。インフィニティストーンという、世界のバランスを一瞬にして崩しかねないほどの強大な力をもった宝珠を守ろうとするアベンジャーズたちと、それを利用して全宇宙の生態系の半数を消滅させようとするサノスの対峙を描いている本作。

そんな本作について、脚本家の1人であるスティーブン・マクフィーリー氏は、「これ(インフィニティ・ウォー)はサノスというヒーローの物語である」と語っている。

もちろん、本作におけるサノスというキャラクターはアベンジャーズに敵対する強大なヴィランとして描かれているが、逆にサノスの視点からすれば、世界の秩序を正すという思想の実現を阻止しようとする、アベンジャーズを始めとする様々なヴィランをバッタバッタと倒していくという孤独なヒーローの物語になるということなのだ。

私はこのインタビュー記事を見て、「なるほど納得。」とやけにしっくり来たのだが、こう思うのはきっと私だけではないんじゃなかろうか。

というのも、本作はサノスがなぜインフィニティストーンを集めているのか、そしていかにして集めるのか、集めた結果どうなるのか…といった具合にヴィランの紹介にしてはやけに丁寧に内容が描かれており、アベンジャーズそっちのけで生まれるドラマもいくつかある。

そもそもこのサノスというキャラクターがただ単純に快楽のために世界を破壊しているような純粋悪のヴィランというわけではなく、思想そのものは歪んではいるものの、全宇宙のためを想ってのことであり、それに基づく己の信念を実現するためのこと、つまり『何かを守るため、それを実現するために向かってくる敵と戦う』という根本的な部分は、アイアンマンしかり、キャプテンアメリカしかり、私たちが応援しているヒーローたちと何ら変わらないように思えるのだ。

そのため、この思想が人類側からすると脅威であるため、アベンジャーズ視点で描かれる本作では悪役というポジションで描かれるが、サノスの思想に共感する目線から見れば、サノスが主役の映画という見方もなんら違和感はない。

そのうえ、このサノスというキャラクターには喜怒哀楽がハッキリと描かれており、自分がしていることは正しいことだと信じて突き進む反面、そこに生まれる不安や葛藤、また大事に想っている人物へ対する心理描写なども実に丁寧に描かれている。それはさながら主役のヒーローの心理ドラマを見ているかのような錯覚にさえ陥る。

これを理解していると、迫りくるアベンジャーズをバッタバッタとなぎ倒していくサノスの姿に、敵の軍勢をなぎ倒して進んでいくヒーローの姿が重なって見えるのも頷ける。

視点を変えると、確かにインフィニティ・ウォーはサノスの物語だった。

 

ちなみに語彙力を失って小難しい話を抜きにするとこんな感じ

・ぎゃあああああ!!サノスつえぇぇぇぇぇ!!!なんだこいつ!さすが最強の敵!!これ勝てんのか!?

・ソー!がんばれソー!あれ?ハルク…?ハルク!なにしてんだよハルク!……。あぁ…、ロキ…(´;ω;`)

・うおー!スタークとストレンジが共演してる!なんか感動する!渋いオジサンたちかっけぇー!

・今回の『スタン・リーを探せ』は分かりやすかったな。

・新スパイダーマンもかっけぇー!なんだそのスーツ!ていうかパーカーくんが高校生特有のはしゃいでる感じがちょいちょい出てきてかわええー!

・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々が絡んできたぁー!しかもガッツリ絡むんか!お祭り感でてきたでぇ!それと加藤浩次、声優うまくなってね?(近場の映画館の字幕がレイトショーしかなかったので吹替で見ました)

・あら、ヴィジョンとスカーレットいい感じじゃない…。やめてよ!この2人の静かで幸せな時間を邪魔しないでよ!

・うおっ!うおっ!キャプテン!!キャプテンじゃないか!!!なんだそのたくましい感じは!爽やかイケメンからイメチェンしまくりか!でもカッコいい!

・国連のジジイうるせぇぞ。ひっこめ。

・あっ、あっ、ストレンジ頑張って…!あとご主人さまに忠実なマントくんホントかわいい。

・なんだ、サノスの部下どもは強そうな感じ出しといて結局はかませなんやな。

・スター・ロードとガモーラもいい感じ…。ってここが締まらないのはガーディアンズたちらしいなw

・ドワーフのオッサン、ハリーポッターに出てきそう。

・うおおおぉぉぉぉ!ソーの脳筋具合がここでこんなに熱い展開を生むなんてぇぇぇぇ!!

・俺はグルート!俺はグルート!(吹替版に準拠)

・サノス…。おまえそんな過去が…。

・待て待て待て待て!おい!ガモーラァァァァ!!

・フワフワして遊んでるマンティスかわいい。あと秋元才加が意外と声優うまい。

・ん?ストレンジ…って、ぎゃああああ!!サノスきたぁぁぁ!!がんばれ!アベンジャーズ・ガーディアンズ混合チームマジがんばれ!

・スター・ロードてめぇぇぇぇ!尺的に嫌な予感はしてたけど余計な事しやがってぇぇぇぇぇ!!!

・あ、あれ…?これもしかして今作で決着つかなくね?

・うおおおおおお!!ストレンジはツンデレかぁぁぁぁぁ!!どこまでもカッコいい男だなお前はぁぁぁぁ!!!天才外科医のころの嫌なヤツの面影もうないじゃん…。しゅき…。

・おっ!ティ・チャラ!フレンドリーな国王様ええなぁ!

・オコエ、オリンピック見たかったのか。スタバ行きたかったんか。かわいいな。

・百田夏菜子はやっぱり棒。溝端淳平とか加藤浩次を見習えよな。

・ワカンダ軍団かっけぇ!ブラックパンサーもやっぱりかっけぇ!

・ハルクが出てこないからハルクバスターに乗るって皮肉が効いてて面白いなw

・うおおおお!なんかいよいよ最終決戦っぽくなってきたぞぉ!

・でもやっぱりサノスの部下はかませ犬だったか。

・うわっ…サノス来た…。超絶強いサノス来ちゃった…。アカン…(絶望)

・ヴィジョンーーーー!!!(涙)

・ってオイ!!なんやそれチートにも程があるだろ!!!

・ヴィ、ヴィジョーーーン!!!(いそがしい)

・ソー!本気のソー来た!これで勝つる!…ってあれ?

・えっ、なにこれどうすんの…。どうなんの…。みんな消えてっちゃうじゃん…。えっ、えっ(困惑)

・うわぁぁぁぁぁぁ!!こんな終わりかたってアリかよぉぉぉ!!!

・え?どうしてみんなエンドロール後まで待てないの?おしっこ我慢してたの?最後にオマケ映像あるよってご丁寧に映画始まる前に告知してくれてるじゃん。キミたちもサノスに消されたの?

・きゃ、キャプテンマーベルくるぅぅぅぅぅ!?

 

はい。こんな感じ。だいたいあってると思います。
ホントに面白いのでまだ見ていない人は是非、劇場へ。