よくみれば雑食

よくみれば雑食

雑食系男子が日々の出来事やお役立ち情報、気になる話題など幅広く書いてます

【レビュー】劇場版 銀魂を観てきたけどメチャクチャ面白かったから超オススメ!【ちょいネタバレ】

f:id:ricaldent1990:20170724224449p:plain

大ヒット上映中! 映画『銀魂』公式サイトより

 

宇宙一バカな侍だコノヤロー!!

 

ということで先日観てきましたよ!銀魂!

予想以上に面白かったんで、見る気が失せない程度のネタバレにしつつ内容をご紹介していこうと思います!

なお、「全く何の情報も入れずに見たいんだよ!」というこれから劇場に足を運ばれる方は、この先の閲覧はご了承の上お進みください。

 

冒頭から銀魂っぽさ溢れる演出

さて、アニメの劇場版では映画泥棒のパロディなど好き勝手やってきた銀魂ですが、実写版はどんな始まり方をするのかというと…。

おや?意外と素直に始まった。銀魂の世界観をナレーションしながら新八と銀さんの出会いのシーンを描くところから始まるのね。なるほど。これは一応、原作ファン以外でも楽しめるようにという配慮なのかな。

なーんて思っていると、オープニング曲が始まりこれからアニメが始まるのかと思わせるシーンに突入。曲の作詞・作曲は…『小栗旬』の表記が。

やっぱふざけてきたぁぁぁ!安っぽいB級映画みたいなキャラ紹介映像が流れているけど、紹介されるの銀さんだけだw

とここで新八のツッコミが入って仕切り直し。やっぱりこの映画が始まったと見せかけて仕切り直す⇒もう1回ちゃんと始まるという流れは踏襲しているのね。のっけから銀魂っぽさが感じられて期待が膨らみます。

 

カブト狩りじゃあぁぁァァァ!!!な本編開始

f:id:ricaldent1990:20170724230728j:plain

 

神楽ちゃんの「カブト狩りじゃああぁぁぁ!」の叫びから始まる本編。

カブトムシを取りにいくくだり、森に入ってからカブトムシを見つけて、それを追いかける流れでの新選組とのドタバタ劇などは原作を忠実に再現していてファンも納得の出来なんじゃないでしょうか。そこで新選組の主要メンバーやヅラなどのキャラ紹介なども同時にしてくれるので、今回の映画の登場人物のメインどころはだいたい冒頭で把握できるようになっています。

だた、さすがに映画で尺を多く取るわけにはいかないのか、内容はかなり省かれていたように感じました。あれは原作のカブト狩りの物語を知っているともっと面白いので、ファンサービス的な位置づけっぽいですね。

 

紅桜篇はバトルシーンのクオリティがすごい!

f:id:ricaldent1990:20170724230753j:plain

 

そんなカブト狩りの流れから、自然に辻斬りの噂に話がシフトしていくので一連の流れとして、まったく違和感なく紅桜篇に突入します。

ここでも個性派俳優陣が続々と登場するんですが、まずは今回のボス敵キャラとも言える”人斬り似蔵”こと『岡田似蔵』を演じる新井浩文さんの演技がすごいいいんですよ。ちょっと前まで某ドラマで出ていた時は人の良さそうな感じだったのに、銀魂では打って変わってガラッと印象の違う、狂気を秘めた演技でまさに似蔵そのものでした。

紅桜篇は本編でしっかりとストーリーが語られていくので、カブト狩りのようにファンが楽しめる内容なのはもちろん、あまり原作に詳しくない人でもしっかりと物語として楽しめる内容になっているんじゃないかなと思います。

ただ、やっぱり原作をよく知っていると実写版も(いい意味で)なかなかひどくて面白いんですよ。ちょっと真面目なシーンがあったかと思うと、すかさずギャグパートを突っ込んでくる。原作にないようなギャグパートをガンガンブッ込んでくるんですね。これがもう(いい意味で)ヒドいw

特に今回の銀魂の監督を務めた福田監督はふざけることで有名ですが、そんな監督のもと『福田組』として好き勝手やっているムロツヨシと佐藤二朗が絡んでくると悪ふざけが過ぎるw

これいろんなところに謝罪行脚したんだろうなぁ…と思わざるを得ないほどの酷いパロディオンパレード。完全にアウト。本編の悪ふざけをそのまま映像化しちゃったもんだからもう見ているコチラも笑うしかありませんw

劇場内ではあちこちから我慢しつつもつい漏れてしまう笑い声が聞こえていました。そのうえ、『来島また子』を演じる奈々緒も劇中で佐藤二朗の悪ふざけを横に必死に笑いを堪える様子がそのまま映像化されていたりと、ふとした瞬間に「あれ?これって劇場版 勇者ヨシヒコだったっけ?」と思わせるほどの自由奔放さ。しかしあくまで銀魂としての枠組みから外れすぎない範囲で、かつ銀魂っぽさを全快に悪ふざけしていたのはさすが福田監督と言ってもいいのかもしれません。 

このあたりはすべて書いてしまうと劇場での楽しみが半減してしまうので、気になる方は是非とも劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

ということで簡単にですが『劇場版 銀魂』を鑑賞した感想でした。

ギャグパートが面白すぎてそちらの感想に偏ってしまいましたが、カッコイイ銀さんたちもしっかり見れます。シリアスなパートはしっかりしまってて、銀さんと似蔵のバトルパートはアニメ顔負けのカッコよさです。あまりのカッコよさに、ついさっきまで笑っていた観客たち(もちろん私も)はみんな一気にスクリーンに惹きつけられていました。

正直、冒頭の数十分は実写の違和感はやっぱりぬぐえないなぁ…と思っていましたが、もうこの時点では全く違和感はなくなっていて、純粋に銀魂の紅桜篇を楽しめていました。

銀魂は直近で公開されるアニメ実写映画のなかでもかなり期待していた作品でしたが、その期待を裏切らないクオリティだったと思います。かなりオススメです。

正直なところ、アニメ版の高杉がカッコよすぎて剛くんがちょっとコスプレっぽく見えてしまったり、もはや二朗さんが『武市変平太』である必要はねぇなと思ったりもしましたが、そういったものも含めてとても面白い映画に仕上がっていたなと思います。

逆に言うと、小栗旬の銀さん、長澤まさみのお妙さん、岡田将生のヅラ、新選組の3人(特に柳楽優弥の土方さんが最高にカッコイイ)、奈々緒のまた子、ヤスケンとあかりんの村田兄妹、新井さんの似蔵はハマり役すぎてすごかったですね。主要キャストほとんどだw

福田監督の作品の雰囲気が好き、銀魂が好き、頭カラッポにして日々の疲れを笑い飛ばせるような映画が見たい、そういった人には自信をもっておすすめできる映画です。

もう一度みたいなと思えるアニメの実写映画は久々でしたね。

 

ちなみに

dTVでは独占放送として銀魂のなかでも泣けると評判のミツバ篇が見れます。

初回31日無料なのでミツバ篇だけ見てさっさと解約してしまうのも手かもしれませんね。私はもとからdTVには登録していたので、しっかりミツバ篇も見ました。

こちらもファンサービスという位置づけが近しいのかなと思いますが、映画を見た後に銀さんたちの活躍がまた見れる、かつ人気エピソードのミツバ篇を実写版で見れたので満足しています。

ちなみに『初回31日無料』なので、過去に一度登録していて現在は解約しているという場合の再入会はしっかり月額の500円は取られてしまうので注意が必要です。しかし500円払っても見る価値はあるかと思います。

 

また、銀魂本編を網羅するならAmazonプライム会員になるのがコスパとしては最強かと思います。

なんと月額400円、もしくは年会費3900円(325/月)でAmazonのショッピングサービスのプライム特典もろもろが受けられるだけでなく、アニメ、ドラマ、映画など充実の8000タイトル以上が見放題というですから驚きです。

私はそれなりにAmazonで買い物をすることがあるので、つい先日ようやくプライム会員になったんですが、なんと銀魂も1話から201話まで完全に見放題だったんですよね。おかげでミツバ篇も紅桜篇も実写版の余韻に浸りながら見返すことができました。

正直なところ、某動画サービスに惰性で月額500円を払い続けていた自分がなんて愚かだったのかと今ごろになって後悔していますw

もちろん銀魂だけでなく今後、実写映画化される『ジョジョの奇妙な冒険』『東京喰種 トーキョーグール』を見ることもできるので(ただし有料レンタルだけどね!)興味があるかたは是非ともお試しあれ!

 

>>Amazonプライム無料お試しはこちらから<<