よくみれば雑食

よくみれば雑食

雑食系男子が日々の出来事やお役立ち情報、気になる話題など幅広く書いてます

【小林さんちのメイドラゴン】季節も一巡していよいよ終わりも近い…!?イヤだー!トールたちをもっと見ていたいー!【10~11話感想】

f:id:ricaldent1990:20170327210925j:plain

©クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会/画像引用元:TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト

 

今期の癒しアニメとして楽しむのも残りわずか…

 

どうも!2日続けてメイドラゴンの感想です!カザマです!

実はまだ1話も見ていないアニメがあるのはここだけの話。

 

なんというクオリティの演劇なんだ…っていう第10話

f:id:ricaldent1990:20170327195652j:plain

©クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会/画像引用元:TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト

 

クリスマスに対してトールがいきなり「あいつの息子の誕生日を祝うのもシャク」って言ってるけど、トールまじで一体何者なんだよw

てことで商店街の肉屋のおじさんから老人ホームの出し物の代役を任されたトールなんだけれど、頼りになる仲間(ドラゴンたち)と出し物をするって字面だけ見るとすごいシュール。エルマもすっかり御一行様として馴染んでやがるw

そんなことより小林さんのほっぺツンツンしてるカンナちゃんマジかわいい。

てことで出し物のアイデアを出し合うドラゴンたちだけど、カンナちゃん、「かけっこ!」って完全に運動会で味占めたんだね。ホントかわいい。ファフニールさんの「VRのFPSでFFAはどうだ」ってもう出し物でもなんでもねぇ。このドラゴン話数が進むたびにIQが低下してるのは気のせいじゃないみたい。そしてエルマ、乳を机に乗せんな。フリーダムかよコイツらw

このなかに混ざると途端に才川ちゃんがまともな子になるんだね。演劇くらいならドラゴンたちにも出来そうだし、季節感にあわせたマッチ売りの少女を提案するあたり小学生中学年にしてはかなり優秀だと思う。相変わらずのボヘーッを除けば。

マッチ売りの少女の説明を聞いて『少女はおばあさんと一緒に天に昇った』⇒『おばあさんが少女を絞め殺した』の発想になるトールの脳内がヤバイ。

トールの想像上のおばあさんの『死ネィ!』がツボに入って声出してワロタw

才川ちゃんの頭をなでなでするカンナちゃんがこれまたなんとも絶妙なかわいさなんだけど、翔太くんのマッチ売りの少女コスが思った以上にいい。あ、走り逃げるときもしっかり女の子走りになるのねw

なんだかんだでカンナちゃんがマッチ売りの少女に抜擢されたわけだけど、やっぱりカンナちゃんがナンバーワン!トールがファフニールさんの扱いにすっかり慣れてて笑う。

f:id:ricaldent1990:20170327195726j:plain

©クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会/画像引用元:TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト

 

そして劇の練習を始めるドラゴンたち。

エルマ「ルコア殿!おばあさんは裸で少女を温めようとはしない!」

おいおいおいおい!こんなダイナマイトセクシーなおばあさんがいてたまるか!(゚Д゚)

いろいろ煮詰まったドラゴンたちは独自のアレンジを加えてオリジナルのマッチ売りの少女を考案することにしたようだけど…、既に出てくるアイデアの時点でカオス。

それと同時にサンタを迎え撃つためにマンションに勝手に煙突を作って、挙句に風俗街みたいなネオンでおびき寄せようとするカンナとトールはネットの情報に毒されすぎているに違いない。そら小林さんも驚きますわ。

【そんなこんなで始まった演劇のあらすじ】

『マッチ売りの少女(カンナ)が困っているところに傘地蔵の爺様(翔太)が現れ、その藁の傘に着火して暖をとろうとすると煙とともに魔法使い(ファフ)が出現。マッチ売りの少女と傘売りの爺様は穢れきったこの世の秩序を正すために魔法少女になることを決意する。(カンナちゃんの「うん!わかった!」が最高にかわいいのがポイント)』

『しかし、そこに現れた魔法の妖精(ルコア)がそんな男に騙されてはいけない!と言い放ち果敢に魔法使いへ立ち向かっていく。(おっぱいは説得力の塊) 』

『魔法使いと妖精の激しい戦いの末、残された魔法少女たちは穢れきったこの世界を救うため、魔法で悪いやつを成敗することに。少女が放った魔法は近くの屋敷に痛烈ヒットし、たちまち大炎上。しかし、なんとそれは吉良邸だったのです。(ちなみに魔法の呪文は”腐ったやつど~こだ♪”)』

『この騒ぎに乗じて潜入した大石倉之助(エルマ)と共に穢れの元凶である吉良上野介(トール)を討ち取ることになった魔女っこたち。こうして最終決戦の末、見事魔女っこたちは穢れきった世界を救うことに成功したのでした。(トールたちの異次元の力も老人ホームの老人たちにはCGに見えるようで。)』

というもの。

……マッチ売りの少女どこいった?(゚Д゚;)

気付けばファフニールさんを受け入れたあたりから滝谷さんもドラゴンたちの力に疑問を持たなくなってるね。マンガ版だとどこかで受け入れる描写があるのかな?

頑張ったトールの頭をちゃんと撫でてあげる小林さんいいね。8話の話がここでしっかり活きてくる。滝谷さんの提案でそのまま小林さんちで打ち上げが始まるわけだけど、すっごい楽しそう。いいな~、すごい和やかな雰囲気じゃないか。その後にドラゴン状態のトールの背中に乗って夜景を見ながらビールとはこれまた贅沢ですな小林さん。

ちなみにトールからの腰痛に効く薬(うごめく謎の物体)はBDではモザイクが消えます。

ここでもしっかりとトールを撫でてクリスマスプレゼントまで用意している小林さん、マジ男前。心意気でもペッタンコ的な意味でも。トールと2人きりで小林さんがデレるのは8話あってこそグッとくるシーンですなぁ…。

最後はサンタを待ち伏せするカンナちゃんにもしっかりプレゼントを用意している優しい小林さんだったけど、足音でカンナちゃんが起きちゃったことで数時間ベッドの物陰から身動きが取れなくなるという長期戦へ…というオチ。

アニメとかマンガだとサンタを待ち伏せするのはよくある展開だけど、自分のこどものころを思い出したら、布団にもぐって欲しいプレゼントを10回唱えた後普通に爆睡してたことを思い出した。プレゼントが願ったものと微妙に違ってサンタのマーケティング力を疑ったこともあったっけなぁ…。(※ちなみにその後すぐに母がうっかり自爆して私のなかのサンタの存在は抹消されました。)

 

年越し!着物でおめかしのドラゴンたちカワイイ!な11話

f:id:ricaldent1990:20170327210814j:plain

©クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会/画像引用元:TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト

 

そうかぁ、もう物語は年末年始に突入かぁ。いよいよ物語も終わりに近づいてるんだなぁ。あ、トールしっかり小林さんからもらったマフラーしてるね。

そうそう、この時期の商店街といえばガラガラポンの抽選会よね。おっ!なんか当たった!これは温泉か!?……こたつだと?(゜ω゜)

滝谷さん「俺は年末、冬コミがあるから(コミケネタありません)」←サブタイで殺しに来る戦法いいぞ~。非情だぜ。

こたつは恐ろしいぞ~。ダメ人間製造機ですからな。と思ったらドラゴンにもしっかり効果あるみたい。ダメドラゴン製造機でもあるとか、こたつマジやばくね。

正月の食料(レトルトカレー)を貯蓄する滝谷さんと、甘口か確認するファフニールさんかわいいw

ほほう、ご近所さんもここで一気に出てくるのか。年末年始にかけてオールスター感がすげぇな。そして今年の干支ってことで酉の木彫りをもらったけど、その法則で言うといま机のうえにかざってあるゴリラも干支ということに…!

そして気付けばもう年越し。うおぉぉぉ!着物姿のカンナちゃんもマジかわいいぃぃ!マジやばくね。才川ちゃんやエルマの着物もなかなかのものだけど、ルコアさん、やっぱりアンタは何かが違うw

いっつもセンスがズレてるルコアさん。それじゃ完全に遊郭じゃないですかー!

f:id:ricaldent1990:20170327210514j:plain

©クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会/画像引用元:TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト

 

f:id:ricaldent1990:20170327210748j:plain

©クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会/画像引用元:TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト

 

才川ちゃんがカンナちゃんとおそろいで縁結びのお守り買おうとしてるけど、そこまでいったら、キマシタワー展開にもいよいよ期待が…!

甘酒飲んだり、破魔矢買ったり、おみくじ買ったり、このドラゴンたちホント馴染んでるなw

小林さんの「あっという間だなぁ…。時が経つのは…。」のセリフにいろんな想いがこもっててすごくいい。無事に年越しをむかえた小林さんたちは10話に続き小林宅にて新年会。いいなー!ホントに楽しそうじゃーん!!

本格的な雑煮をつくっちゃうトールはもう完全にメイドさんが板についてるね。エルマお雑煮に即堕ちしてるけど、これいよいよトールに歯向かうことできなくなっちゃうねw

ここでも徹夜でゲームのファフくん。これ完全にファフニールドロップアウトや。小林さんちのマンション屋上にあがれるんだね。初日の出を見るみんなホントにいい雰囲気だなぁ。

正月の番組がつまんないあるある。正月の宿題に書き初めをするカンナちゃん。いくらお題がなんでもいいとはいえ、『コタツ』はどうなのカンナちゃんw

正月に家族と会う・会わないってネタは往々にしてどうでもいい感じで流れるものだけど、トールのずっと引っ張ってきたシリアス展開ではこのあたりのくだりは重要になってくるね。

今回のオチ要因は翔太くんか。なになに、初夢だって…?あっ…(察し)

完全に悪夢でした。ありがとうございました。